前日の飲み会で予定より多く飲んでしまい、次の日に胸やけをしてしまった、なんて経験がある方は多いのではないでしょうか?病名こそ胸とうたっていますが、実際は胃の痛みに苦しむ人も少なくなく、場合によっては胃ガンや胃潰瘍といった大きな病気に発展する場合も珍しくありません。

 

とりあえず胃薬を飲んでおけば大丈夫と思っている方もいると思いますが、いつまでもごまかしきれないのが私たち人間の体です。どうしようもなくなったら専門の内科の先生に相談するしかありませんが、できれば自力で何とかしたいところですよね。

 

一般的にはバランスの取れない食生活、特に脂ぎったものを食べすぎると消化の際に負担が生じ、胸やけに発展するパターンが多いようです。キャベツをはじめとした野菜を取り入れることによって未然に防ぐのが理想ですが、なかなかそうはいかないのが実際のところです。サプリメントやお薬で手軽に対処できれば良いものの、無理を重ねると反動が出てくるのが体の仕組みと言ってもいいかもしれません。「胸やけくらい放っておけば治るし、わざわざ病院に行かなくても……。」と考える方もいると思います。

 

もちろん短期的であれば自力で対処し、以後は正常にいつもどおりの生活に戻れば問題ありません。しかし慢性化してしまったり、断れない付き合いで過剰に飲んでしまったりするような人は、一度プロの内科クリニックを受診したほうが良いです。

 

病院と言えば予防接種や会社による定期検診くらいしか行く機会はないでしょうが、普段から不調を感じる際に訪れるのも全然アリです。むしろ早い段階で病気を特定できたほうが内科の先生も対処しやすいですので、一度みてもらうことをおすすめします。

おすすめ:西新宿の内科なら新宿駅前クリニック